その他

ディスカウントショップやバラエティーショップでもカラコンを置いている店舗が多数あります。度なしのファッションカラコンはもちろんですが、視力矯正の出来る度のはいったカラコンも販売されています。こうしたディスカウントショップなどでは、基本的に処方箋の提出を求められることはありません。しかし、お店によっては眼科に行ったかどうか聞かれるケースもあるようです。

またディスカウントショップで購入する場合は、氏名や住所などを記入する同意書に記入が求められるので、虚偽の内容などを書かないようにしましょう。この同意書は、カラコンを使用して何かトラブルが起きた場合でも店側は責任を負わないという事に同意をしたという証明です。

ディスカウントショップなどで販売されているカラコンは、質が良くないと言われる事がありますが、実際はそんな事はありません。カラコンを取り扱っているお店は、カラコンなどの品を扱える高度管理医療機器販売許可をとっています。また、オークションなどでもこの高度管理医療機器販売許可のあるお店しかカラコンを出品する事が出来ないようになっています。個人のカラコンは通常出品出来ないのですが、サイトの見逃しにより個人がカラコンを出品してしまっている場合があります。たとえ費用が安くても、安全面や衛生面で不安がある個人からオークションでカラコンを落札しないようにしましょう。フォーチュンコンタクト